toggle
2018-11-05

フォトセッションin西宮


もう先月のことになりますが、お花畑フォトセッションで兵庫県西宮市へお邪魔してきました。

開催場所は、西宮駅近くの素敵なサロンIshtar さん。オーナーの敦子さんは、とても軽やかで気さく、そして暖かな女性。以前、愛知のわたしのアトリエでフォトセッションを受けていただき、その後、ご自身のサロンへと快く招いてくださったのでした。

西宮でのフォトセッションを受けてくださった方が、撮影後、素敵な感想をお寄せくださりました。まだ、お写真をお渡しする前のご感想です。

色んな記憶や思いが交錯して、体験された皆さんが仰っていたことが腑に落ちました。まだまだ、自分のことを大切にしていい部分や愛でていい部分があることを自覚出来たのはすごく大きかったです。言葉や頭では理解しているつもりでも、やっぱりそれは“つもり”でしかない。今回のまゆこさんに撮っていただいた写真に写る自分の姿は、自分じゃないみたいと思うのではなく、自分の本来の姿の一部だと思えるといいなぁと思います。まゆこさんの曇りのない笑顔によって、わたしも必要以上に構えずに居られた、そんな時間だったと思っています。きっとカメラのレンズを直視できない…と思っていたら、意外と大丈夫だったからです。たいてい 自分がどう写っているか?を撮られている最中に想像して不自然な表情になったり力が入り過ぎたりしていましたが、あの日はまったくそうならず、不思議でした。まだ数日しか経っていないのが、信じられないほど深い体験でした。本当にありがとうございました。

ひさえちゃんのベースにあるアートセラピーには、自分自身を理解し、自から癒す力があります。そして、自然療法のカウンセリングを通してわたしが培ってきた、本質(もともと持っている美しさ・輝き)を捉える力。

これまで数十名の方を撮らせていただいて感じているのは、このフォトセッションはセラピー的要素がとても強く、ただ美しく撮られるだけでなく、女性であることに対する内側から湧いてくる歓びと繋がっていただけるものとなっているということです。それはお申し込みを決めてから撮影当日までだけでなく、その後も続いていくもの。

そして、被写体となってくださる参加者様、アトリエユメノキチとひさえちゃん、Ishtarの敦子さん、そして、あの空間だったからこそとらえられたもの、感じられたことがあったかと思います。

それぞれに特別な時間と、素敵なご縁をありがとうございました。

上記のことも踏まえ、愛知のわたしのアトリエでの開催は少し頻度を減らす方向で…ですが、より届けたい方へと届けられる方向で調整中です。お呼びいただければ、どこへでも飛んでいきます。ご連絡はコンタクトフォームからお願いいたします。

上のお写真は、参加者様自身が持参してくださった衣装とカーペットを使ったもの。場にいる皆で創り上げる感じに、とてもワクワクしました。

ご参加の皆様、Ishtarの敦子さん、ひさえちゃん、そして西宮の地に感謝を込めて。ありがとうございました。

関連記事