toggle
2019-08-15

お山での楽しき一日と撮影


結構な藪の中にも入っていただきました。笑

いつもブログが後回しになってしまいますが、梅雨真っ只中の時期、友人の撮影をさせていただきました。場所は、彼女の提案により、わたしの母が作った半セルフビルドの家が立つ山。仲間の一人が瞑想をリードしてくれたり、太鼓を鳴らしたり、踊ったり…。それぞれがその場でやりたいことやできることをやっているだけなんだけど、調和しているから不思議。波長が合うって、こういうことなんでしょうね。

途中、母の用意してくれたランチをいただく。石窯で焼いたピザが8種ほどと生春巻きやスープ。他には朴葉寿司も。

皆が場を創り、皆が盛り上げてくれる。繋がりがあるからこそ、それぞれの才能が花開く。そこに“しなきゃ”みたいな気負いは必要ない。そんなことを改めて感じさせてもらえた一日でした。わたしひとりで成し得ることなんて、ただの一つもないや。

この日の写真にはコンセプトがあったのですが、それはむふふな秘密。

大人になるっていいね。ダイナミックに地球を遊ぼう。

〜お知らせ〜


フォトセラピーは、フォトブック作成込みのメニューにいたしました。なかなか自分じゃ後回しになってしまうよな〜と思いまして。

関連記事