toggle
2020-02-17

モルダバイトあれこれ


最近お届けさせていただいたモルダバイトのあれこれを…

まずは、上のもの。K18で作製させていただいたモルダバイトのネックレス。

そして、下の写真のものはK10で。

どちらも金なのですが、純度が違い、K24を純金とした時に、数字の割合によって純度が示されています。K18は純度が高めでK10は低め。製造メーカーにより金に混ぜている金属の種類やパーセンテージはそれぞれ違い、何を含むかは企業秘密だったりするのですが、金の純度が上がるほど、強度は弱くなる傾向にあります。日本ではK18を使用したものが多いですが、最近は金相場の高騰によりK10を使用するものが増えてきました。アジアの他の国では、K10やK9あたりがよく使われている印象です。

そしてこちらはK10のブレスレット。石が落ち着いた色なので、チェーンにはキラキラした加工のものを選んでいます。

ゴールドフィルドを出来るだけ使わないのは、シンプルな素材を使うことによって、お役目を果たした時に業者さんに引き取ってもらいやすくするため。

実は、始まりの意図と同じくらい、終わりを意識しています。

インスタにも書きましたが、石が変容を起こしてくれるというよりは、変容のタイミングだからこそご縁が繋がる…そんな石がモルダバイトだと感じています。

まずは持ち主となる方の意図ありき。サナギが蝶になるように、これまでのステージを超えて、新しい段階へ行く。そんな意図を持った方に身につけていただければ、モルダバイトはその力を存分に発揮してくれることと思います。

素敵な方達へお届けできて嬉しいです。

関連記事